虹色珈琲でよく使う豆と特徴

珈琲 特徴

 

パナマ(ダイヤモンドマウンテン)

豊かなコクとすっきりとした酸味が楽しめる珈琲です。シトラスのような柔らかな甘みが口の中に広がります。

パプアニューギニア(シグリ AA)

心地良く残る余韻には甘みがあります。フルーティーな酸味が特徴的です。

ブラジル(サンアントニオ プレミアムショコラ)

甘味を伴ったナッツ系の香りが口全体に広がり、その後に柑橘系の香りを楽しめます。

ブルンディ(AA)

柑橘やナッツの香りがあり、しっかりとした味がある珈琲です。

ペルー(ナチュラル)

マイルドでほのかな甘みがあり、クセがなく飲みやすい珈琲です。

グアテマラ(SHB)

グアテマラの中でも高品質な豆を使い、芳醇な香りとコクを引き出します。

ケニア(マサイ)

濃厚なコク、力強いフレーバー、柑橘系の爽やかな酸味が楽しめる珈琲です。

コスタリカ(コーラルマウンテン)

華かな上品さと力強さが共存する味わいです。

コロンビア(ビジャ ファティマ ティピカ)

さわやかで香り高く、フローラルな甘い余韻が続く珈琲です。

タンザニア(キリマンジャロAA)

コクは控えめで、甘い香りとすっきりとした飲み口が特徴的です。

エチオピア(イルガチャフィーG1)

桃や花を思わせるフルーティーな香りが印象的です。爽やかな酸味が楽しめます。

インドネシア(マンデリンスマトラタイガー19+)

深いコクとほろ苦さのバランスが絶妙。個性的なテイストと独特な後味が楽しめるエキゾチックな珈琲です。