美味しい珈琲のいれ方

準備物
ドリッパー・サーバー・ドリップポット・ペーパーフィルター・珈琲カップ

(ドリッパーとペーパーフィルターはサイズの合ったものを。)

などがあります。
Konoとハリオは円錐型、カリタとメリタは楕円形なので
ペーパーフィルターも注意してください。

 

☆珈琲の粉は中挽きぐらい(グラニュー糖の大きさ)がハンドドリップに合います。
☆湯温は85度前後
☆湯量は必要量+100cc
☆カップ・サーバーは温めておく
(沸騰したての湯をサーバー・カップに入れて置くといい。サーバーの湯はポットに戻す)
☆粉をいれたら均等にふる
☆全体に湯を行き渡せる(蒸らし)→約30秒
(この時の注意点ドリッパーの紙の近くに湯を直接触れないように)
☆ドリップポットの注ぎ口はなるべく粉に近いところからいれます。
(粉に圧がかかるとよくないので)
☆新鮮な豆はこの時点でふっくらと膨らみます
☆1,2投目はゆっくり、ポタポタと湯滴が落ちる感じに。
☆ポイントは粉の量にもよりますが、500円玉の大きさぐらいに。
☆3投目以降は細長く湯をいれていく
☆ドリッパーを回すか、円を書くようにいれるのがオススメ
☆必要量になったらすぐにドリッパーを外す。
(置いたままだと渋み等が入ります)
☆だいたい1杯3-4分でいれるのが目安です。